読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダラダラと活発たれ!!

メタルとか映画とか音楽とかいろいろ

自分の葬式でかけてほしい曲10選

  1. ストレンジカメレオン/the pillows
  2. 飛行機雲/荒井由実
  3. Comfortably numb/PINK FLOYD
  4. Stairway to heaven/Led Zeppelin
  5. My Way/sid vicious
  6. 初恋/野狐禅
  7. Bohemian rhapsodyQueen
  8. 世界の終わり/THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
  9. 素晴らしきこの世界/真心ブラザーズ
  10. JAM/THE YELLOW MONKEY

今のところはこの10曲です。基本歌詞を重視して選びましたが、あんまり激しい曲は選んでません。葬式だし(笑)。これから随時追加したり逆に削除したりすると思うので、その度更新していこうと思います。ちなみに原則として1アーティスト1曲にしとくつもりです。

 

1曲目はthe pillowsのストレンジカメレオン。

てか、the pillowsだけでもハイブリッドレインボウやらSwanky streetやらlast dinosaurやらロンサムダイアモンドやらblues drive monsterやらムーンダストやら入れたい曲多すぎ!!(笑)

全部入れてたらきりがないので、とりあえず、「ストレンジカメレオン」1曲だけにしておきます。

この曲は、僕が世界で一番歌詞が好きな曲。歌詞に出てくる「君」を、the pillowsにとっての音楽そのもの(あるいは自分にとって何かとても大事なもの)に置き換えて聞いてみてください。きっと、特別な意味が浮かび上がってくるはずです。

あ、個人的にはオリジナルバージョンよりも、セルフカバー・ベストアルバムである「Rock sock and too smoking pillows 」に収録されているバージョンが好きなので、そちらを流してもらえると幸いです。誰に向けてのメッセージなんだこれは。

Strange Chameleon ストレンジカメレオン - the pillows - ap bank fes 08 LIVE - YouTube

 

 

こうして見てみると、二曲目の「ひこうき雲」が1番浮いてますかね。この曲って、いろんな聞き方があるとは思いますが、要は「死んじゃった人の気持ちなんて誰にもわかんない」って歌なんだと思います。ぜひこの曲は流してほしい。

三曲目のピンク・フロイドのComfortably numbは、映画「the departed」で使われていたのが印象的でした。医者と患者の対話形式をとるこの曲は、子供から大人に変わるにつれて、よく分からない何かが見えなくなる様を、「心地よい麻痺」に例えた幻想的な曲。

Pink Floyd - Comfortably Numb Pulse HD - 125kbps, 44KHz Audio - YouTube

四曲目はレッドツェッペリンの「天国への階段」。世界で一番、完成度の高い曲だと思っています。

そして五曲目には、何気に定番曲のマイ・ウェイを入れつつもフランク・シナトラではなくシド・ヴィシャスのクソみたいなカバーを選ぶ、という憎たらしいチョイス(笑) グッドフェローズのラストシーンみたいでカッコイイでしょ?(笑)

Sid Vicious - My Way (Original and Complete Version) - YouTube

 

6曲目の「初恋」は、タイトルと裏腹にあんまり初恋は関係ない曲です。こういう生きることの情熱や喜びを歌った歌も、1曲くらいあってもいいんじゃないでしょうか。マジで好きです。初恋 (アルバムバージョン) - YouTube

 

7曲目は、Queenの「Bohemian rhapsody」。これも、「天国への階段」と並んで、世界で一番完成度の高い曲だと思います。歌詞を知らないまま聞いて虜になり、歌詞を噛み締めて聞いて、さらに好きになりました。どこで自分はこうなってしまったんだろう、という後悔の念と、それを超えた達観と諦念が、目まぐるしい展開と壮大なスケールに彩られた曲です。

はい、だんだん面倒くさくなってきましたが8曲目はミッシェル!(笑) 彼らの記念すべきデヴューシングル。解散ライブでもこの曲を最後に演奏したそうです。葬式で自分は死んどきながら「世界の終わりがそこで見てるよ」だぜ?(笑)。

世界の終わり / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT - YouTube

9曲目は真心ブラザーズの「素晴らしきこの世界」。前半の大人しいパートからの怒涛の後半がアツい1曲。タイトル、前半の歌詞が強烈な皮肉になっているという、ある意味超攻撃的な曲です。この曲の歌詞のように、熱量を失うことなく世の中の理不尽に歯向かって生きていけるだろうか?その挑戦も込めて。

 真心ブラザーズ - 素晴らしきこの世界 - YouTube

最後10曲目はイエモンの「JAM」。もしかしたらイントロのオルガンが葬式っぽいかも。もう特にコメントはないです(笑)。聞け!!(笑)

 

 

この他にもたくさん入れたい曲あったんです。レーナード・スキナードのFree birdは入れてもよかったかな…とか、oasisが1曲も入ってないってのは…でも入れるならRock'n Roll starかcigarettes & alcoholかwhateverか迷う…いっそLive forever入れちゃうか?(笑)とか、メタル系の楽曲一つくらいいれとこうかなあ〜とか…。

どうでもいいけど、今ラジオから超カッコいい曲流れてきたと思ったらメタリカの新しいやつでした。

とにかく、全体的にいいプレイリストになったと思うので満足してます。

と、ここまで書いてきて気が付きました。

 

 

ブルーハーツ忘れてた!!!!

 

 

しまったあああああ!!すっかり忘れてた!!!!てかブルーハーツだけでも入れたい曲ありすぎる!!!!!!

 

 

というわけで、急遽「自分の葬式でかけて欲しいTHE BLUE HEARTSの楽曲10選」をお送りします。ブルーハーツはやっぱ特別だね(笑)

  1. 月の爆撃機
  2. 1000のバイオリン
  3. ラインを越えて
  4. 世界のまん中
  5. ロクデナシ
  6. チェインギャング
  7. 首つり台から
  8. 情熱の薔薇
  9. 皆殺しのメロディ

以上です。

やっぱブルーハーツすげえな。

今これを選ぶのに歌詞を検索して調べてたんだけど、ちらっと読んだだけで歌詞が刺さってくる。

さらっと皆殺しのメロディとか入れてくるあたりアホですね(笑)。

 

ちなみに、最初に選んだ「葬式でかけてほしい曲10選」にマキシマム ザ ホルモンを入れていないのは理由があります。

え、なんでかって?

 

ホルモン聞いたらぶっ生き返しちまうからに決まってんだろ!!(これが言いたかった)

ケケケ

 

 

ラジオでは今、竹原ピストルの「たとえばヒロ、お前がそうだったように」がフルコーラス流れたとこです。七分くらいある曲なのに。やるな!!(笑)

「生きたいなら生きたいなりに、死にたいなら死にたいなりに、ちゃんと人間か?」

だってさ。竹原ピストルのCDも買おうかな。

 

(終わり)