読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダラダラと活発たれ!!

メタルとか映画とか音楽とかいろいろ

人は一人暮らしを始めるとチャットモンチーが聞きたくなる

チャットモンチー 染まるよ live - YouTube

夜に誰もいない部屋で聞く「染まるよ」とかめちゃくちゃ染みる。

「染まるよ」ってよりむしろ「染みるよ」ってくらい染みるよ。ややこしい。

てかこの歌ミッシェルガンエレファントのスモーキン・ビリーと同じ話だよね。え?違うの?

とにかく好きだわ、チャットモンチー

「キャラメルプリン」とかさまぁ~ずが書いたみてーな歌詞で最高。

 

 

 

最近、日本語の曲をよく聞いている。the BIRTHDAYとかエレカシとかさっき挙げたチャットモンチーとか…

あと野狐禅も聞いてる。ほんと歌詞がいちいち素晴らしくてグッとくる。

 野狐禅 / 自殺志願者が線路に飛び込むスピード(at 札幌 KRAPS HALL) - YouTube

自殺志願者が線路に飛び込むスピードで

僕は部屋を飛び出しました

目に映る全てをぶち壊してやりたかったけど

そんな時でも一番お気に入りのTシャツを着ていた自分が

バカバカしくて

 

自殺志願者が線路に飛び込むスピードで

生きて行こうと思うんです

だってよ(「自殺志願者が線路に飛び込むスピードで」より)。

こんな歌詞書ける人間めったにいないよ。

もちろん竹原ピストルのソロもいいんだけど…綺麗になりすぎちゃったってか、野狐禅の安っぽいむき出し感みたいなのが欲しいんだよね。野狐禅に関しては、フォーク化して銀杏BOYZみたいなイメージを持っている。とにかく、いいバンドだ。いや、デュオか。

 

 

 駆け抜けて性春 - YouTube

銀杏BOYZは、「駆け抜けて性春」が一番好きだ。この曲は、銀杏の中でも特に凄い曲だと思う。

どう凄いかっていうと、銀杏BOYZ名義になってからの「駆け抜けて性春」には、ジュディマリのボーカルのYUKIさんが歌っている箇所がある。そこのパートが、「Judy&Maryの曲に出てくるような女の子」と「銀杏BOYZの曲に出てくる女の子」の姿が重なって見えるという奇跡的な瞬間なのだ。

…これはすごいことなんだぞ!!!

わかってもらえないかなあ。ちょっとバカにして聞いてた時期もあったんだけど、このパートはいつ聞いてもすごい。銀杏BOYZ、最近二週くらい回って好きになった。「ボーイズ・オン・ザ・ラン」見たってのもあるけど。

 

少し昔の話をしたい。

親にiPodを買ってもらったころ、親が勝手に入れたThe BeatlesLed Zeppelinを聞いたのが、音楽にハマるきっかけだった。

その後NIRVANAGreenDay等のパンク、オルタナを経て、メタル、ハードコアの世界へ。今はもう、ゴリゴリした音楽ならだいたい好き、してなくても好き。

そんな僕が、嬉嬉としてメタルのライブに出かけようとしているのを見て父が言った。

「昔俺がツェッペリン聞かした時、予想以上に反応よかったんだけど、今思えばあれが原因でこうなったんだな…」

…なんかごめんなさい(笑)

 

僕はその時のことを覚えている。

確か、車の中で、queenの「Bohemian rhapsody」とEAGLESの「Hotel California」、そしてLed Zeppelinの「stairway to heaven」を聞かされた。その時父は、

「父さんも最初はよくわかんなかったんだけど、何回か聞いてるうちに良さがわかってきたんだよ。」

と言っていた。

あれからたくさんの音楽を聞いた。思えば、何度も何度も繰り返し聞いている曲ほど、最初はよくわからなかったものが多い。父の言葉は当たっていた。

特に天国への階段は、中学生以来何度聞いたかわからない。一瞬で魅了されるイントロから徐々に徐々に楽器が加わって行き、メロディとメロディがハーモニーに、リズムとリズムがグルーヴになっていく様は、言われようのないたかぶりを伴う。魂が体を抜け、天に昇っていく感覚だ。

この曲はBGMにはなれない。曲の世界に入り込むことが要求される、体験する音楽とでも言うべきだろうか。

聞いた話では、大麻を吸って音楽を聞くと音が立体的に聞こえ、まるで目の前で演奏が行われているかのように感じるという。中学生の僕は、夜、目を閉じて「天国への階段」を聞けば、大麻なんか吸わなくてもそれを体験できたのだ。いつからか、それが難しくなっていた。未だに、調子がいい時しか、この曲を聞いても精神の高揚を感じない。扉が開くことは、めったになくなってしまった。

あれからたくさんの音楽を聞いた。これに勝る音楽体験はあっただろうか。音楽が、心を大きく動かしたことは何度もあった。だが、ライブでもみくちゃになった時の野性的な興奮や一体感は、また一線を画すものだ。歌詞に感動した曲もたくさんあったが、それは体験とは言えず、あくまで情動であった。Black Sabbathの初期作品が一番近いかもしれないがやはり、「天国への階段」には劣ってしまう。

 

扉はなかなか開いちゃくれない。

 the pillowsの大好きな曲に、「バビロン天使の詩」という歌がある。

綺麗な夢を見たんだ

混ざりたくて今も奮闘中

僕にとって「天国への階段」は、もう1度混ざりたい夢だ。

 

 

 

 

 

タイトル全然関係なくなっちった。

最後に「バビロン天使の詩」のPVのYouTubeのリンク貼ろうと思ったけど、あまりのダサさにやめたw

自分でググれ!!安っぽさに驚くぞ!!(笑)

(終わり)