ダラダラと活発たれ!!

メタルとか映画とか音楽とかいろいろ

とにかく春が嫌いってお話

春は特にしたいこともなくなるから、ボーッと音楽聞いて、すぐ止めて、また付けて、眠くなって寝て、また起きてなんもすること無くて…みたいな感じです。

めちゃくちゃ花粉症辛いし、四六時中イライラしてます。

映画見る気もないし本も読みたくない、そもそも外に出たくない。

要は生きることに積極的になれない。

春めっちゃ嫌いです。春死ね。

もし結婚して娘の名前に春って字を嫁が入れようとしたら、必死で止めます。それかこっそり「晴」の字に変えときます。晴れた日は好きだし。晴れた日が嫌いな奴なんてXのHIDEしかいないでしょ。見栄晴の晴です。

 

そんな春の日はこんな曲を聞いて精神を落ち着けています。

コトリンゴ -「 悲しくてやりきれない 」 - YouTube

春の鬱屈とした感情は、煮詰まってくれさえしない。そんなフワフワしたやるせなさが、この曲を聴くと、穏やかな寂寥感に変わっていくのを感じます。気持ちに落とし所を付けられないことが、春を嫌いになる最大の理由かもしれない。そう思います。 

あと、定番だけど3月9日も僕にとってそんな曲です。

3月9日PV - YouTube

瞳を閉じた所で、瞼の裏に誰も浮かばないんだけどね。

この曲聴くと堀北真希を思い出す。この曲のPVの堀北真希はめっちゃくちゃ可愛い。

一時期なんかもう何もかも嫌だった頃(今もそうだけど)、テレビに堀北真希出てるの見て

「こんな可愛い娘がいるんだったら、この世界は生きる価値がある。 」

とか思い始めて、それ以来そう考えながら生きてました。

ありがとう堀北真希

そう思えば、堀北真希さんがいることでどれほど強くなれただろうか。

「あなたにとって私も、そうでありたい」

もしかして、そういう歌なんでしょうか(違う)。

引退しちゃうんだよなあ。

悲しい。何を希望に生きていけばいいのか。悲しみのあまり毎日焼肉に行きたい。

 

 

普段は、自由を感じさせる音楽が好きです。

これとか

 Lynyrd Skynyrd - Freebird - 7/2/1977 - Oakland Coliseum Stadium (Official) - YouTube

あとはoasis

 Oasis - Whatever - YouTube

大好きなんだけど、春には不思議と聞きたくならない。

これが聞きたくなったら、いつもの状態に戻れたってことかもしれない。しばらく待ってみよう。それまで何をして生きようか。

夏よ!!早く来てくれ!!

f:id:metalheadyusuke312:20170319183704j:image

 

 

 

 

そうそう、ラ・ラ・ランド見ました。

うーん、期待しすぎたかなあ(笑)。批判があるのも頷ける内容でした。

でも、面白かったですよ。

特にオーディションシーンでのエマ・ストーンの独唱は、問答無用に心を打ちました。

てかあんな歌上手いんですね。

エマ・ストーンって可愛いのかどうかの判定が未だに下せない。よく見ると可愛いような、よく見ない方が可愛いような。僕的には、声低い女の子好き補正込みで好きです。

ライアン・ゴズリングはまあ…歌は普通だったかなあ(笑)。彼の演じるセブはすごく好きなキャラクターだったけど。

「自分のやりたい音楽は時代遅れだから売れ線のバンドにイヤイヤ参加していたら、割と成功してしまって満更でもないオタク」って、共感できるやつ多いだろうな。メタラーとか。

 

この映画見てて思い出したのは、この曲でした。

また会う日まで 尾崎紀世彦 - YouTube

別れの歌なのに長調で、変に明るい所とかこの映画っぽいんですよね。いい曲です。

YouTube見てたらこんなん見つけました。

尾崎紀世彦 Innocent World Mr children cover - YouTube

歌うめえ。

 

ラ・ラ・ランド、いつかまた見よう。

そん時にどう思うかで、自分にとってこれがどんな作品かがわかるだろう。そしてエマ・ストーンが可愛いかどうかも。

 

 

 

改めて、オールディーズのロックンロールナンバーが好きです。

チャック・ベリーが亡くなったそうですね。特に思い入れもないけど。

 Chuck Berry - Johnny B. Goode (Live 1958) - YouTube

 Carl Perkins - Blue Suede Shoes - Perry Como Show -1956 - YouTube

 

昔、甲本ヒロトがなんたらいう本で

「ブルースがメシも食えないヤツらの悲しみなら、ロックは腹いっぱいの時のまだ満ち足りない気持ちなんだ。

満たされまくった上でのハングリー精神がロックなんだ。」

って言ってたのを、ふと思い出した。

満たされているけど満たされない。

確かに、戦時中にロックだ反体制だとかいってるやつはいねえよな。

 

 

早く入道雲に会いたい。

 

その頃には何か面白い映画はあるだろうか。

 

 

(終わり)

たった今、春に聴くDownが最高ということを知った。

フィリップ・アンセルモ万歳。

f:id:metalheadyusuke312:20170319215220j:image